« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

ウィリアム・レーネンさんのワークショップへ

4月25日、ウィリアム・レーネンさんのワークショップへ参加してきました。

たまたま本屋さんでレーネンさんの本を見つけ(写真)、立ち読みしたのがきっかけでした。

これは買うべきと思い購入。

とてもシンプルで温かくて、わかりやすい本です。

スピリチュアル哲学がすんなりと入ってきます。

そして毎日実践していこうと思える本です。

付属のCDも素晴らしいです。

ケビンフォーチュンというミュージシャンがチャネリングして作った、チャクラバランスを整えるCD。

毎日聴いてます。

この音楽については、以前の記事にも書きました。(「一瞬」)

ほんとにステキな本に出逢えたなあと思って、レーネンさんのことをネットで調べてみたら、

なんと、ちょうど来日されるところだったのです!!

これは会いにいくしかありません!(笑)

というわけで、参加してきました。

とても愛にあふれた温かい笑顔の方でした。

ワークショップの初めに、

「ただ感じてください、考えないでください、理解しようとしないでください。」と。

西暦2000年から始まった水瓶座の時代は「感じること」、フィーリングの時代なのです。

ついつい考えすぎてしまうことが多い現代ですが、それは、2000年まで続いた魚座の時代の影響をまだ受けているからのようです。

魚座の時代は論理的思考、競争の時代、科学、産業、力、支配、階級などの時代でした。

そして、2000年から始まった水瓶座の時代は、誰かが誰かよりも優れているという考え方の時代ではなく、すべての人の平等を達成する時代なのだそうです。

バランス、調和、平和、悟り、変化の時代なのだそうです。

何が正しいか、間違いか、とジャッジしたり、これは一体何かと、定義付けたりするのではないく、

「どう感じるか」というのが重要なわけです。

それが直感力を高めたり、サイキック能力を高めたりするのに、とても重要なのですね。

私も、「感じること」を大事に、水瓶座の時代に対応していきたいですね!

レーネンさんの言葉で、

「サイキックになるとは、笑うことを学ぶこと。人生はとてもおかしなものなのです」

すばらしいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジェルナンバーpower card

エンジェルナンバーpower card

数秘術のカードをゲットしました!

上の写真は、私の運命数「7」のカード。

自分の運命数のカードを見たり、持ち歩いたりしてもいいし、

その時自分に必要な波動のカードを見たり持ち歩いてもいいのだそうです。

例えば、なにか新しいことを始めるときは、スタートの波動である「1」のカードを。

インスピレーションが欲しいときは、直観力の「11」のカードを。

変化の時には、自由と変化の数字「5」のカードを、というように。

または、目をつぶって、カードをシャッフルして1枚引いてみてもよいそうです。

そのとき自分に必要な数字からのメッセージが得られるようです。

エンジェルナンバーpower card

たまたま引いたカードは、「3」のカードでした。

「3」は創造性や、表現力、感性を表す数字。

また無邪気な子ども心や、楽しさ、ラッキーさを表す数字でもあります。
エンジェルナンバーpower card

「笑い」「遊び心」「リズム」!!

大きな声で笑えば、ストレスも解消。

その時、宇宙から「素晴らしいアイディア」という名の贈り物が届くそうです。

遊びに出かける計画でも立てましょうかね☆
エンジェルナンバーpower card

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春

すっかり暖かくなりましたね!暖かくというか暑いくらいに。

桜もすっかり葉桜になってきましたね。

ベランダの植物たちも伸びてます。

ゼラニウムは満開で、鮮やかなピンク色の花を沢山つけています。

なかなか自然の中へ行けないときは、ベランダのハーブやお花と触れ合うだけでも、

エネルギーをもらえますね。

やっぱり自然にはすごいエネルギーがありますね。

植物には妖精や天使がいっぱいついてるんですね。

だから、森の中で過ごしたりするのは、天使とのつながりも深くなり、スピリチュアルな能力を養うにもとってもいいのですね。

都会にいるとなかなか自然の中に身をおくことができないので、

せめてベランダで緑を育てたり、お部屋にお花を飾ったりするととってもいいですね!

自然の恩恵は本当にありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロフェッショナル

NHKの火曜22時~の「プロフェッショナル」はいい番組ですね。

私の数秘術の先生ようこさんもおすすめ。

いろんな分野の「プロ」が登場し、そのプロの技、心意気に迫る番組ですが、

私の仕事にとっても、本当に勉強になります。
どの分野にも通ずるものってありますよね。

番組の最後に、「あなたにとってのプロフェッショナルとは何ですか?」という質問にその日の「プロ」が答えるのですが、毎回、さすがいいこと言うんですよね。

これを観ていて思うことは、

プロは、プロであり続ける努力を惜しまない人だなぁと思います。

プロに「なる」、のでも、「なった」のでもなく、「あり続ける」姿勢。

見習いたいです。

私も、アロマやハーブやレイキやマッサージやカウンセリングなど、お仕事にさせていただいていて、でも、まだまだ、これで終わり、完璧なんてことは絶対無くて、一生勉強だなぁと思ってます。

けど、私にとってこれらの勉強は、魔女修行みたいなあやしげな魅力があり楽しいのです。

魔女といっても、わしっ鼻の毒りんごを作るような魔女ではないですよ。

「西の魔女が死んだ」のおばあちゃんとか、「魔女の宅急便」のキキやキキのお母さんのような。

「魔女宅」の最初の方の場面で、キキが旅立つ日を決めたとき、
お母さんが、「あの子は結局飛ぶことしか覚えなかったわ。私の作る薬も私の代でおしまいね。」と言って、

その薬をもらいにきていたおばあちゃんが、「私のリュウマチにはあんたの薬が一番効くよ」と言っていた。

なんか、そういういい魔女に憧れるわけです。

魔女修行は続きます・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本のソウル

日本のソウル

今日は素晴らしいお花見日和でしたね。

今日はお花見がてらぷらぷらとしていたら、どこからともなく、ソウルフルな音楽が!

あわおどりの皆さんでした。

あのリズムはやっぱり日本のソウルミュージックだと思います。

踊る阿呆に観る阿呆、どうせ阿呆なら踊らにゃそんそん!

ひそかに私もやってみたいです。

日本のソウル
日本のソウル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくら咲く

さくら咲く

こちらは目黒川の桜。

数日前の夕方の写真ですが、お祭りモードも漂い、心ウキウキする雰囲気でした。

さくらってやっぱりいいですね。

寒いうちからつぼみをふくらませ、春を待つ力強さ、一気に見事に満開になる華やかさ、

そして春の風とともに舞い散る潔さ。

ああ、見習いたいです。
さくら咲く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »