« スプレーバラ | トップページ | 高尾山でエネルギーチャージ(その②) »

高尾山でエネルギーチャージ(その①)

Photo

先日友人と話をしていたら、

「私、今年元旦に一人で高尾山に行ってきたんだ」と友人がいう。

なになに??

「一人」で「高尾山」に「登る」

というこのキーワードが、私にはものすごくエキサイティングでワクワクするものに感じられて、

「いいねいいね!どうだった?近いんだよね?すぐ分かるの?」

とか、かなり具体的に聞きまくる。

そして、「え~、今度一緒に行こうよ~」というような女子的会話には一切ならず、

「今度私も一人で行ってくるわ!」という、俄然やる気な会話で終了。

そして、その日がやってきたわけです。

今日の予約のお問い合わせを頂いたお客様には、他に日にしていただいたりと、

大変にご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

でも、行ってきてよかったです。

やはり引越しというのはかなりのエネルギーが動いて浄化が起こるものなのに、

私は幸いなのかどうなのか、熱がでたり寝込んだりもせず、そのまま張り切って準備をして、

張り切ってOPENして、張り切って1ヶ月が過ぎていた。

なんとなく抜けない感じがあった。

浄化しきれていないような感じ。

どこかに、ドサッと置いてきたいと思っていました。

もともと吸うタイプの私

(トリートメントやカウンセリングなどの際、相手のマイナスのエネルギーを吸うタイプということなんですが。)

今は昔に比べて、かなり、客観性を確立することを意識して、レイキもやっているので、

だいぶ強くなったというか、自分の痛みとしては受け取らないようになってきたのですが、

それでもやっぱり、ヒーリングなどの仕事をしていると、多少なりともたまってくるので、

自分をクリアに保つために浄化は絶対必要なのです。

で、浄化にとてもいいのが、自然の中に行くこと。

以前、あるヒーラーさんのお話で、その方も、すごく吸うタイプの方らしいのですが、

定期的に高尾山に行って、ドサッと置いてくるという話を聞いたことがありました。

それで、前から気になっていたところに、先日の友人の話。

これは行けということです。

代官山からもなんと1時間ちょっとで着いちゃうので、気軽に行けて本当によかったです!

Photo_2

ケーブルカーを降りると、すでにこんなに絶景。

Photo_3

もう少し歩くと、うわさのたこ杉が!

Photo_4

Photo_5

樹齢480年のたこ杉。

なにやら、道を開くために、天狗が、この木を切ろうとしたら、

一夜にして、根っこがたこの足のようになって、道を開けたとか。

道を開けるということで、開運なのだそうです。

つづく・・・

|

« スプレーバラ | トップページ | 高尾山でエネルギーチャージ(その②) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166824/33298013

この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山でエネルギーチャージ(その①):

« スプレーバラ | トップページ | 高尾山でエネルギーチャージ(その②) »